法律関係をベースに社会、政治、文化、スポーツ等、様々なジャンルで執筆活動をしているジャーナリスト松田隆の公式サイトです。
最新情報
  • HOME »
  • 最新情報 »
  • 刑事訴訟法

タグ : 刑事訴訟法

田口淳之介氏は”早すぎる復帰”? 敢えて言う「早期の活動再開の何が悪い」

 「KAT-TUN」の元メンバー田口淳之介さんが、大麻取締法違反(所持)の罪で有罪判決を受けた2週間後に芸能活動を再開させたことに対して、批判的な声が出ている。こういう”世間の声”には疑問を感じる。敢えて言う。「早期の活動再開の何が悪い」

陰謀論を唱えるラサール石井氏 オウム真理教信者の思考回路との相似性

 タレントのラサール石井氏(64)の11月16日のツイートが話題になっている。沢尻エリカ容疑者が麻薬取締法違反容疑で逮捕された事について、政府が都合の悪い時に芸能人が逮捕されるとし、次期逮捕予定者がいて、誰かが(逮捕に)ゴーサインを出している、というものである。こうした理解に苦しむ主張は、かつてのオウム真理教を彷彿とさせる。

N国・立花孝志代表の受信契約で詐欺罪成立の可能性、NHKに聞いた

 先の参議院選挙(7月21日)で当選したNHKから国民を守る党の立花孝志代表が、8月8日に参院議員会館事務所に置いたテレビ1台の放送受信契約(衛星放送を含む)をNHKと交わしたことを発表した。ところが受信料は80%だけ支払い、差額分の受信料は支払わないと記者会見で明らかにしている。報道を見る限りであるが、立花氏にはいわゆる2項詐欺(刑法246条2項)が成立するのではないかと思う。

江川紹子さんは法律の素人? せめて刑事訴訟法を読んでから書こうよ

 池袋母子死亡交通事故に関して、事故を起こした旧通産省工業技術院の飯塚幸三・元院長(87)がなぜ逮捕されないのか、ネットを中心に疑問の声が上がっている。僕も罪証隠滅の可能性はあるのではないかと不思議に思うが、その点につい …

5月23日朝日新聞社説、刑事訴訟法320条1項を分かってますか?

 5月23日の朝日新聞の社説は「加計新文書 首相答弁の根幹に疑義」というものであった。これは愛媛県が国会に提出した一連の文書の中に、安倍首相と加計孝太郎理事長が2015年2月25日に面会して獣医学部新設について話していたことを示すものが含まれていたというもの。

取材の舞台裏(18)貴乃花親方の告発の目的は何だったのか

 大相撲を揺るがした昨年末からの一連の貴乃花親方の行動の目的を、その動きから探っていくというもので、弁護士ドットコムでの公開は2018年3月26日。

PAGETOP
Copyright © ジャーナリスト松田隆 公式サイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.