法律関係をベースに社会、政治、文化、スポーツ等、様々なジャンルで執筆活動をしているジャーナリスト松田隆の公式サイトです。
最新情報
  • HOME »
  • 最新情報 »
  • 中央競馬

タグ : 中央競馬

ニシノデイジー降板劇 僕には勝浦騎手の必死さが伝わってこなかった

 9月16日に行われたG2セントライト記念でニシノデイジーは5着に敗れ、その晩、西山茂行オーナーは自らのブログで騎手のスイッチを宣言した。こういう騎手の交代劇を見ていると、かつてサラリーマンをしていた人間としては身につまされる部分がある。

今日の中央競馬は本当に公正なのか? 禁止薬物問題未解決なら開催停止が筋

 15日からの中央競馬で156頭が競走除外となった。競走馬に与えるサプリメントから禁止薬物テオブロミンが検出されたため、当該サプリメントを購入した28の厩舎に所属する156頭を競走除外としたものである。2日間で983頭が出走予定だったので、15.9%に相当する。

一番強い競馬をしたのはニシノデイジーじゃないか?

 G1東京優駿(日本ダービー)が終わった。勝ったのはロジャーバローズ、関係者には、まずはおめでとうと申し上げたい。「2着に人気薄が突っ込んでくるのでは?」と書いたが、1着がとんでもない人気薄(12番人気)だった(笑)。

ニシノデイジー4着、ダービーでスイッチ?

 重馬場で行われたG2弥生賞、ニシノデイジーは4着に終わった。僕がペーパーで持っていたアイネスフウジンは1990年に不良馬場の弥生賞4着からダービー馬になったから、そう悲観する内容ではないのかもしれない。

震災から24年、個人的思い出(平安ステークス)と報道のあり方

 1月17日は、阪神淡路大震災があった日。1995年1月17日から24年、今も記憶に鮮明な大震災について、振り返ってみる。

ニシノデイジーの鞍上、一点予想は武豊騎手

 しばらくニシノデイジーの騎手の問題について書いていたら、オーナーの西山茂行氏のブログに「勝浦騎手について」というタイトルでその話が載っていた。

弁護士ドットコム2017年12月16日公開「競馬のエージェントも馬券購入禁止」

 日本中央競馬会(JRA)が騎乗依頼仲介者(いわゆるエージェント)に対して、2018年1月1日から馬券購入を禁止することに関する記事。弁護士ドットコムで競馬の話題は初めてじゃないかな。よくわからないけど。

PAGETOP
Copyright © ジャーナリスト松田隆 公式サイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.