法律関係をベースに社会、政治、文化、スポーツ等、様々なジャンルで執筆活動をしているジャーナリスト松田隆の公式サイトです。
最新情報
  • HOME »
  • 最新情報 »
  • ディアドラ

タグ : ディアドラ

ベンバトルがG2シングスピールS楽勝 ドバイターフ2勝目へ復帰戦飾る

 一昨年のG1ドバイターフを制したベンバトル(牡6、サイードビンスルール)が1月9日にUAEドバイのメイダン競馬場で行われたG2シングスピールS(芝1800m)を快勝した。2度目のドバイターフ制覇に向けて大きく前進した。

2019は”デットーリ”イヤー もはや神の領域48歳でG1を19勝

 2019年の海外の競馬を自分なりに見続けてきたが、最も印象に残る出来事といえば、ランフランコ・デットーリ騎手(49)の活躍である。今年は英・愛・仏でG1を19勝、自己最多記録を更新した。来年12月に50歳を迎える騎手の奮闘ぶりには驚かされた。

12・8香港国際競走 アーモンドアイ不在も日本勢の活躍に期待

 12月8日は香港Cなど、香港国際競走4クラが行われる。日本調教馬は9頭が参戦。今年は2クラ、うまくいけば3クラ制覇もあるかもしれない。

ディアドラ追い込んで3着、優勝は1番人気マジカル 英チャンピオンS

 10月19日に英アスコット競馬場で行われたG1英チャンピオンS(芝10ハロン)は凱旋門賞5着から中1週で挑んだマジカル(牝4、A・オブライエン)が制した。2着にアデイブ(騸5、W・ハガス)が入り、日本から参戦したディアドラ(牝5、栗東・橋田満)は3着に終わった。

マジカル快勝3度目のG1制覇 ディアドラ前が開かず4着 愛チャンピオンS

 ライアン・ムーア騎手騎乗のマジカル(牝4)が9月14日に行われた愛チャンピオンS(レパーズタウン、芝10ハロン)を断然人気に応えて快勝、3度目のG1制覇を果たした。日本から参戦したディアドラ(牝5、O・マーフィー騎手騎乗)は後方から追い込んで4着だった。

愛チャンピオンSは8頭の争い ヘッドマンに注目 ディアドラは?

 9月14日に行われるG1愛チャンピオンS(レパーズタウン、芝10ハロン)は8頭立てとなった。日本からディアドラが参戦、前走ナッソーSに続くG1連覇に挑む。現地での人気はマジカル(牝4)、エラーカム(牡4)、ヘッドマン(牡3)の順で、ディアドラは5番手の評価となっている。発走は日本時間9月15日0時15分。

愛チャンピオンSは11頭立て ディアドラも英ダービー馬もお客さん?

 9月14日に行われるG1愛チャンピオンS(芝10ハロン)は11頭立てで行われる。G1英インターナショナルSの1、2着のジャパンとクリスタルオーシャンは回避。単勝1番人気はマジカルの見込みで、日本から初めて参戦するディアドラはブックメーカーのオッズでは5番手の評価となっている。

PAGETOP
Copyright © ジャーナリスト松田隆 公式サイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.