6月9日付けの読売新聞によると、尖閣諸島沖の接続水域で中国船の航行が確認された。これで58日連続の航行確認だという。

 こういう事実をもっともっと世間に知らせなければいけないし、地元の漁師さんが安全に操業できる状況を作り出すのは行政の責任である。

 玉城デニー沖縄県知事にはこの点をもっと認識してほしいものである。