12月23日の有馬記念は見ていて楽しかった。オジュウチョウサンが一瞬、あるかと思わせる内容。人気薄の時の武豊騎手は惨敗してもいいから、勝ちにいく騎乗をするように思う。

 2013年の凱旋門賞、キズナで4着。この時も勝った馬が動いたのを見て、すかさず自分も動いた。こういう武豊騎手の”馬券を買った者としては納得する騎乗”は本当に感動的である。

 オジュウチョウサンの長山尚義オーナーは「武騎手にはもう少し思い切って乗ってほしかったな」という趣旨の発言をしたと一部メディアで伝えられたが、真実としたら「競馬を分かってる?」と問いたい。