マスターフェンサーはG1ベルモントSで5着と敗れた。後ろから行くのは予定通りなのだろうが、窮屈そうに走っていた。ペースが上がるとついていくのに苦労するなど、不器用な馬なのだろう。

 最後はよく追い込んでいるが直線でなかなか手前を替えなかった。とにかくまだ未完成の馬という印象で、一言で言えば、これからの馬。そう考えるとケンタッキーダービー6着、ベルモントS5着は立派だと思う。

 アメリカの3冠を見たが、現時点で一番強いのはケンタッキーダービー1位入線のマキシマムセキュリティじゃないかな。ベルモントSを勝ったサーウィンストンは…(苦笑)。