フランスのドーヴィル競馬場で6日、ディープインパクト産駒のサヴァラン(Savarin、牝2)がデビュー勝ちを収めた。母は仏オークス馬のサラフィナ。馬主は武豊騎手と凱旋門賞を勝ちたいと公言しているキーファーズで、管理するのはフランスのトップトレーナーのアンドレ・ファーブル調教師である。

 いずれは武豊騎手が乗るのか分からないが、ディープインパクトの、特に牝馬の質の高さは完全に世界レベル。