法律関係をベースに社会、政治、文化、スポーツ等、様々なジャンルで執筆活動をしているジャーナリスト松田隆の公式サイトです。
最新情報
  • HOME »
  • 最新情報 »
  • スポーツ

スポーツ

今日の中央競馬は本当に公正なのか? 禁止薬物問題未解決なら開催停止が筋

 15日からの中央競馬で156頭が競走除外となった。競走馬に与えるサプリメントから禁止薬物テオブロミンが検出されたため、当該サプリメントを購入した28の厩舎に所属する156頭を競走除外としたものである。2日間で983頭が出走予定だったので、15.9%に相当する。

一番強い競馬をしたのはニシノデイジーじゃないか?

 G1東京優駿(日本ダービー)が終わった。勝ったのはロジャーバローズ、関係者には、まずはおめでとうと申し上げたい。「2着に人気薄が突っ込んでくるのでは?」と書いたが、1着がとんでもない人気薄(12番人気)だった(笑)。

イチローの元番記者・幡篤志氏(スポニチ)のお粗末記事

 イチロー選手が3月21日に現役引退を発表したが、一流の選手が引退した時に以前の番記者が思い出話を語るのはよくあるパターン。

ニシノデイジー4着、ダービーでスイッチ?

 重馬場で行われたG2弥生賞、ニシノデイジーは4着に終わった。僕がペーパーで持っていたアイネスフウジンは1990年に不良馬場の弥生賞4着からダービー馬になったから、そう悲観する内容ではないのかもしれない。

勝浦騎手はG2弥生賞が本番? ニシノデイジーの走りに注目

今日3月3日はG2弥生賞が中山競馬場で行われる。僕の大学の先輩であり、日刊スポーツ在籍時に大変お世話になった西山茂行オーナーのニシノデイジー を応援するのは当然として、当の西山オーナーがネット記事で取材に応じていた。

スポーツ新聞は消滅寸前? 僕が見た内部事情

 ガベージニュースというサイトに「1年間で223万部減、1世帯あたり部数は0.70部まで減少…新聞の発行部数動向」という興味深い記事が掲載されていた。日本新聞協会が発表した各種データから、日本の新聞業界全体の発行部数動向 …

青学大・原晋監督批判のネットの声にウンザリ

 箱根駅伝で青山学院大学は総合2位に終わった。OBとしては残念だが、復路優勝で高い能力を示してくれたのは嬉しい。しかしネットでは原晋監督への批判が始まっている。色々な考えがあるから匿名であれこれ言うのにいちいち反応するのもバカバカしいが、それでも「どうなのかな」と思う部分はある。

頑張れ青山学院大学、最後まで諦めるな!/箱根駅伝

 箱根駅伝で青学は往路6位に甘んじた。苦しいなあ、総合5連覇は限りなく苦しい。ここ4年、新春に青学が優勝して、いい気持ちで仕事に入っていたが改めて優勝は簡単ではないということを思い知らされる。

ニシノデイジーの鞍上、一点予想は武豊騎手

 しばらくニシノデイジーの騎手の問題について書いていたら、オーナーの西山茂行氏のブログに「勝浦騎手について」というタイトルでその話が載っていた。

甲子園100回をめぐる朝日新聞の詐術的論法(8月5日の社説から)

8月5日の朝日新聞の社説は「高校野球100回 無数の支えと励ましと」というタイトルで、当日開幕する夏の甲子園について論じている。音声データはこちらから。 自社が開催する大会を社説で扱っているが、それはまあ、いい。朝日新聞 …

1 2 3 4 »
PAGETOP
Copyright © ジャーナリスト松田隆 公式サイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.