法律関係をベースに社会、政治、文化、スポーツ等、様々なジャンルで執筆活動をしているジャーナリスト松田隆の公式サイトです。
最新情報
  • HOME »
  • 最新情報 »
  • スポーツ

スポーツ

マジックワンドが豪G1マッキノンS制覇、スズカデヴィアスら日本勢は7、8着

 11月9日、豪フレミントン競馬場でG1マッキノンS(芝2000m)が行われ、アイルランドからの遠征馬マジックワンド(牝4)が16度目の挑戦で悲願のG1制覇を果たした。日本から参戦したスズカデヴィアス(牡8、栗東・橋田満厩舎)は7着、クルーガー(牡7、栗東・高野友和厩舎)は8着と敗れた。

ヴィノロッソがBCクラシック制す マッキンジーは2着

 米カリフォルニア州サンタアニタ競馬場で11月2日(日本時間3日)に行われたG1ブリーダーズCクラシック(ダート10ハロン)は、単勝3番人気のヴィノロッソ(牡4)が優勝した。

ブリックスアンドモータルがBCターフ制覇 G1を4連勝

 ブリックスアンドモータル(牡5)が11月2日(日本時間3日)に米サンタアニタ競馬場で行われたG1BCターフ(芝12ハロン)を制した。道中は中団に控え直線で鮮やかにユナイテッドを差し切った。

リスグラシューがコックスプレート優勝 500万豪ドルの魅力が馬を動かす

 豪州最強馬を決めるレース、G1コックスプレート(芝2040m)が10月26日、ムーニーバレー競馬場で行われ、リスグラシュー(牝5、栗東・矢作芳人厩舎)が優勝した。10月19日にはメールドグラース(牡4、栗東・清水久詞厩舎)がG1コーフィールドC(コーフィールド、芝2400m)を制しており、日本勢の活躍が目立つ。

ディアドラ追い込んで3着、優勝は1番人気マジカル 英チャンピオンS

 10月19日に英アスコット競馬場で行われたG1英チャンピオンS(芝10ハロン)は凱旋門賞5着から中1週で挑んだマジカル(牝4、A・オブライエン)が制した。2着にアデイブ(騸5、W・ハガス)が入り、日本から参戦したディアドラ(牝5、栗東・橋田満)は3着に終わった。

臨時ニュース:スコットランドが再び法的措置を検討!? 「なぜ試合をやらせた!」

 ラグビーW杯で10月13日、日本がスコットランドを28 – 21で下しA組1位で準々決勝進出を決めた。統括団体のWorld Rugby(WR)がアップしているハイライトを見ていると、なかなか面白いコメントが多く、思わず笑ったり、日本人として胸を熱くさせられたりする。拙い語学力で恐縮だが、いくつか紹介していこう。

南アフリカの記者はスコットランド戦での日本敗退を予想していた

 ラグビーW杯のA組、日本はスコットランドを28 – 21で下し、4戦全勝で準々決勝に進出した。次は南アフリカ戦(10月20日・東京スタジアム)となるが、南アフリカの人たちには日本の勝利は意外だったようである。

英国ブックメーカー「日本は南アフリカに負けて終わり」と思っているようだ

 ラグビーW杯のA組最終戦が10月13日、横浜・日産スタジアムで行われ、日本はスコットランドを28 – 21で下し、4戦全勝で1位通過を果たした。次は準々決勝の南アフリカ戦(10月20日・東京スタジアム)。英国のブックメーカーのオッズを見ると、圧倒的に南アフリカ有利となっている。

ピナツボ6連勝 断然人気に応えG1連勝 英2000ギニーの大本命

 ブックメーカーのオッズで単勝1.3倍の断然人気に推されたピナツボ (牡2)が10月12日にニューマーケット競馬場で行われた英G1デューハーストS(芝7ハロン)を制した。デビューから6連勝とし、来年のG1英2000ギニーの主役の座は不動のものとなっている。

また金子達仁氏か… サモアのスクラム選択で妄想炸裂記事

 金子達仁氏が10月7日、Number WebでまたラグビーW杯の記事を公開した。10月5日のA組、日本vsサモア戦で、12点差を追うサモアが終了間際で自陣深くでスクラムを選択したことについて考察している。それがまた、何とも理解に苦しむ内容であった。

1 2 3 7 »
PAGETOP
Copyright © ジャーナリスト松田隆 公式サイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.