法律関係をベースに社会、政治、文化、スポーツ等、様々なジャンルで執筆活動をしているジャーナリスト松田隆の公式サイトです。
最新情報
  • HOME »
  • 最新情報 »
  • 社会

社会

日刊スポーツの歴史に残る社長解任劇(5)朝日新聞傘下入り報道は真実?

 現佐渡市長の三浦基裕氏が日刊スポーツ新聞社の社長を解任された2011年6月28日以後、メディアで報じられたのは、三浦社長は日刊スポーツを朝日新聞の完全な子会社にする考えを持っており、それが川田会長の逆鱗に触れたという内容である。果たしてこれは真実なのか。

日刊スポーツの歴史に残る社長解任劇(4)社員に直接語った川田員之会長

 日刊スポーツ新聞社三浦基裕社長は2011年6月28日の定時株主総会で川田員之会長によって事実上解任された。1期2年の任期を終え、さあ、これからという時の54歳の若手社長の電撃的な追放劇。メディアでも報じられ社員の動揺も続く中、川田会長は自らが各職場を回り、社員の前でその真意を語ることになった。

京アニ被害者実名報道の朝日新聞、新井浩文被告の実名をなぜ報じない

 京都アニメーションへの放火事件で京都府警は2019年8月27日、新たに犠牲者25人の名前を公表した。 これを受けて主要メディアも続々と実名で報道したが、京アニの代理人弁護士は「大変遺憾」というコメントを発表。朝日新聞は報じる時に実名報道の重要性をアピールしているが、加害者が在日韓国・朝鮮人の時に実名を報じないことの矛盾をどう考えているのか。

日刊スポーツの歴史に残る社長解任劇(3)三浦氏がハマった首切りパターン

 2011年6月28日、日刊スポーツ新聞社の三浦基裕社長が事実上解任された定時株主総会から遡ること9か月、2010年9月6日(月)、僕は三浦氏と直接、話す機会を得た。この時にその後の解任に繋がる予兆を僕なりに感じたので紹介しよう。

日刊スポーツの歴史に残る社長解任劇(2)三浦氏の”脅し”に芽生えた不信感

 2011年6月28日、三浦基裕社長が事実上解任された定時株主総会が終わった時、僕は本社ビルの4階で仕事をしており、総会があったことすら知らなかった。しかし、総会には株式を持っている社員も出席しており、そこから話が伝わり職場に三浦社長解任の報は一気に広がった。

日刊スポーツの歴史に残る社長解任劇(1) 修正動議に散った三浦基裕氏

 2011年6月28日、日刊スポーツ新聞社の三浦基裕社長が株主総会で電撃的に解任された。52歳で社長就任から1期2年で会社を追われたことになる。メディアでも大きく取り上げられた日刊スポーツ社長の解任劇を、社員の立場から振り返る連載の第1回をお届けする。

京アニ事件の被害者の身元情報は不要、メディアの既得権にメスを

 京都アニメーションの放火殺人事件(7月18日)で犠牲になった35人のうち25人の身元が発表されていないことについて、京都府内の報道12社でつくる在洛新聞放送編集責任者会議が8月20日、京都府警に対して速やかに公表を求める申入書を提出した。同日、時事通信が報じたもの。メディアが「殺された人の名前を明らかにしろ」と警察に迫っているわけで、僕は賛同できない。

あおり運転・宮崎文夫容疑者はSUVを横領したのか、詐取したのか

 常磐自動車道であおり運転をし、会社員に傷害を負わせた容疑で逮捕された宮崎文夫容疑者の犯行について、若狭勝弁護士が8月19日の日刊スポーツ電子版にコメントしている。元東京高検検事の見立てなので、僕の考えより遥かに説得力があると思うが、「それはどうなのかな」と思える部分もないわけではない。

宮崎文夫容疑者はMAX懲役22年6月 軽くないあおり運転・暴行の代償

 常磐自動車道であおり運転をした上に、24歳の会社員を殴った傷害容疑で指名手配されていた宮崎文夫容疑者(43)が8月18日午前、大阪市内で逮捕された。社会に衝撃を与えた事件は、これから真相が明らかになってくるであろう。成立する犯罪や量刑について、僕なりの考えを書いてみた。あくまでも報道された範囲で、特別法は考えずに刑法のみの判断である。

「札幌市民の命はクマ以下」なのか ヒグマ射殺への”抗議に抗議”

 札幌市南区の住宅地に出没していた羆(ヒグマ)を8月14日早朝、ハンターが射殺、駆除した。これに対して市には15日までに約300件の意見が寄せられ、その大半が射殺したことへの抗議であったと伝えられている。しかし、これは国民の生命や安全を守るためには仕方のないことだと思う。

« 1 2 3 10 »
PAGETOP
Copyright © ジャーナリスト松田隆 公式サイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.