法律関係をベースに社会、政治、文化、スポーツ等、様々なジャンルで執筆活動をしているジャーナリスト松田隆の公式サイトです。
最新情報
  • HOME »
  • 最新情報 »
  • 社会

社会

新型コロナとBCG接種の因果関係は? とりあえず死者数で見ると関係ありそうな…

 BCG接種と新型コロナウイルスによる感染症の重症化の因果関係がネットで話題になっている。

「ラグビーのトライ10点に」とNHK 今年ぐらい止めれば? エイプリルフール

 4月1日のNHKの「ニュースウオッチ9」のスポーツコーナーで、この日からラグビーの試合で身長170cm以下の選手のトライに対して10点が与えられることになったと伝えた。

バーレーンは新型コロナで”準封鎖”状態 無期限休校の中、大学でオンライン授業開始

 新型コロナウイルスの猛威はバーレーン王国にも及んでいます。3月22日に予定されていたF1バーレーンGPは延期となり、学校は通知があるまで無期限の休校。そのような中、国立バーレーン大学ではオンライン授業を開始しました。中東の島国の近況をお伝えします。(バーレーン・海島健)

また朝日の編集委員がやらかした ”台湾隔離日記”打ち切り「ある種痛快」に続き…

 朝日新聞の吉岡桂子編集員が、同社のニュースサイト朝日新聞アジア太平洋のフェイスブック上で執筆していた「台湾『隔離』日記」が3月20日公開分で打ち切りとなった。ピクニック気分で隔離生活を書いているような内容が在台邦人から猛批判を浴びていたもの。フェイスブック上で朝日新聞アジア太平洋名義でのお詫びと、同編集委員自身もツイッターでお詫び文を掲載した。

隔離日記で批判殺到の朝日記者に逆ギレ炎上の過去 読者を挑発したあるマーク

 朝日新聞アジア・太平洋の吉岡桂子記者が隔離されるのを目的としているかのように台湾を訪問して、SNS上で公開している日記が炎上している件で、3月22日、台湾のメディアも一連の出来事を報じた。また、同記者は昨年もツイッターで不用意なつぶやきをしたことで炎上し、謝罪なしに挑発的な言葉で、火に油を注ぐようなツイートをしていたことが分かった。

K-1開催を強行「安倍ふざけるな」日刊スポーツが後援 これこそ「ふざけるな!!」

 格闘技イベント「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K’SFESTA.3~」(後援:日刊スポーツ新聞社・スポーツニッポン新聞社)が3月22日、さいたま市のさいたまスーパーアリーナで開催された。主催者は会場を所有する埼玉県から自粛の要請を受けていたにも関わらず強行。新型コロナウイルスの感染拡大のリスクが大きい興行に批判は避けられず、大会を後援した日刊スポーツ新聞社、スポーツニッポン新聞社の責任も問われる。

朝日新聞記者の日記が炎上 隔離目的? ”鎖国”直前の台湾入国の非常識

 朝日新聞の記者(編集委員)がSNS上で公開している日記が炎上している。台湾政府は3月19日午前0時から原則入国禁止措置としたが、同紙の編集委員が禁止措置の直前の18日に台北に滑り込み。緊張が高まっている現地でホテルに隔離された日々の様子を暢気にレポートし、台湾在住日本人と思われる人々から非難のコメントが複数寄せられている。

「植松君一人殺したとて何も変わらない」→変わらなくていい 粛々と死刑執行を

 相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が殺害された事件で植松聖被告が3月16日に横浜地裁で死刑判決を受けたことに対し、社会全体の問題であるとする声が出ている。同被告と接見したNPO法人「抱樸」の奥田知志理事長は「Choose Life Project」の取材に対し「植松君ひとり殺したとて何も変わらない」などと話し、判決は社会に対しての問いかけであるとする。凶悪犯の責任を社会に押し付けようとする意見には首を捻らざるを得ない。

「やまゆり」判決の朝日新聞社説が酷すぎる 読者にマウント 思い込み前提に説教

 相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が殺害された事件で、元職員の植松聖被告が3月16日、一審横浜地裁で求刑通り死刑が言い渡された。朝日新聞は17日付けの社説で被害者遺族の法廷での訴えを「社会全体に発せられたと見るべき」とし、あたかも事件は現在の社会に問題があると言わんばかりの主張を行なっている。自分の思い込みを前提に、読者に高所から説教するかのような主張には唖然とさせられる。

新型コロナを「痛快」 人の死が心地良い朝日新聞編集委員は命の大事さも二重基準

 朝日新聞の小滝ちひろ編集委員が3月13日にツイッターで新型コロナウイルスを「痛快」とつぶやき、朝日新聞が翌14日に謝罪する事件があった。多数の死者が出ている惨事を「痛快」と呼ぶ神経は理解できるものではないが、同編集委員は文化財と古社寺が専門。人命を軽視する記者が宗教家を記事にするのは出来の悪い冗談としか思えない。しかも、過去の記事では自分に都合のいい人の生命・身体に関しては懸念を表明しているからタチが悪い。

1 2 3 16 »
PAGETOP
Copyright © ジャーナリスト松田隆 公式サイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.