法律関係をベースに社会、政治、文化、スポーツ等、様々なジャンルで執筆活動をしているジャーナリスト松田隆の公式サイトです。
最新情報
  • HOME »
  • 最新情報 »
  • 政治

政治

原口一博議員「中国も民主主義国家」は自業自得 中国寄り支持者への反論で墓穴

 国民民主党の原口一博衆議院議員(60)が「中国は民主主義国家」とツイートしたことが話題になっている。これは「台湾は中国の一部、核心的利益」と主張する北京政府の代弁者のような人物とのやりとりでなされたもの。それ以前は比較的真っ当な事を呟いていたのはそれほど知られていないのではないか。閣僚の発言の一部を切り取り批判する野党の手法で非難されているのは皮肉としか言いようがなく、おかしな支持者がいる事が招いた、自業自得と言えそうである。

選挙前に対中国ことさら強調の民進党に時代がマッチ? 身近な人に聞く総統選

 蔡英文総統の史上最多となる817万231票を集めての再選は、各国でも大きく報じられました。今後の東アジア情勢に大きな影響を与えるであろう、今回の選挙でしたが、実際の有権者は何を考えて投票したのか、そして民進党の戦略はどのように評価されるべきなのでしょうか。身近なところで聞いた話と合わせてお伝えします。(台北・葛西健二)

日本人が知らない蔡英文総統の勝利宣言 “台灣囡仔”の仕掛け

 1月11日に投開票が行われた総統選は現職の蔡英文総統が史上最多得票の817万231票を獲得して圧勝しました。当選後、勝利宣言に蔡英文総統の隠れたメッセージがあったことはあまり伝えられていません。日本人はなかなか気付くことができないその仕掛けに、政治家としてのしたたかさ、たくましさが感じられます。(台北・葛西健二)

中田敦彦氏のYou Tube大学 中国の国旗と国連軍の認識を間違ってませんか?

 タレントの中田敦彦氏のYou Tube大学が人気を集めている。現代の世界を分かりやすく解説してくれるもので、一般人の知的好奇心を満たしてくれるものである。しかし、その内容については疑問を感じる部分が少なくない。

蔡英文総統が圧勝 勝利宣言で北京に突きつけた”8文字”

 1月11日に投開票が行われた中華民国(台湾)の総統選は民進党の蔡英文候補が過去最高の817万231票を集めて当選した。2位の韓国瑜候補(国民党)に264万票以上の差をつける圧勝。蔡英文総統は支持者の前で勝利宣言。それは北京政府に対して、選挙結果を台湾の民意として突きつけるものであった。勝利宣言を日本語に翻訳してお届けする。

韓国VANK製作の”防護服の聖火走者”ポスターで政治家動く「非礼」「対応する」

 韓国の民間組織であるVANK(韓国サイバー外交使節団)が防護服を来た人が聖火リレーを走る姿を描き、東京五輪を揶揄するポスターを製作した問題で、日本側でも反発が強まっている。ツイッターで韓国側の対応を非難する声が強まり、自民党所属の政治家が見過ごせない問題とツイート。週明けから動きが出る可能性がある。

「選挙帰省ラッシュ」始まる 若者の台湾人意識の高揚と総統選

 台湾の第15代総統・副総統選挙が1月11日(土)に迫っています。直前の状況では蔡英文総統(民進党)の再選が有力で波乱は起きそうにありません。それでも台湾の人々は選挙の前に熱狂を隠せません。選挙の風物詩と言ってもいい「民族大移動」も始まっています。第2回は総統選を待つ人々の様子、思いをレポートします。(台北・葛西健二)

台湾総統選「台灣中邪了嗎」発言で”自爆”の野党候補 現職蔡英文総統が優勢

 台湾では1月11日(土)に第15代総統・副総統選挙と第10期立法委員選挙の投票が全土で行われます。総統選は再選を目指す蔡英文総統(民進党)と高雄市長の韓国瑜候補(国民党)の事実上のマッチレース。最大の争点は「台中関係」にあります。台湾在住21年目、外国人の目から見た総統選を2回に分けてお伝えします。第1回は投票直前の情勢のレポートです。(台北・葛西健二)

2019年最悪のジェンダー関連発言は福島みずほ議員 「差別だ!」で言葉狩り

 三浦まり上智大学教授らが呼びかけ人となった「公的発言におけるジェンダー差別を許さない会」が12月30日、ジェンダーに関する2019年の政治家のワースト発言を決める投票を自サイトで開始した。候補の発言を見ると「なぜ、いけないの?」というものが多い。その一方で、社民党の福島みずほ議員の露骨な性差別発言は入っていない。表現の自由への恣意的な制約でしかない試みを、メディアが嬉々として報じている姿は異様である。

武井俊輔議員の死刑関連ツイートに不信感 反対なら憲法改正を主張しろ

 2003年の福岡市の一家4人殺害事件の魏巍死刑囚に対し12月26日、福岡拘置所で死刑が執行された。同日、在日フランス大使館から死刑執行に抗議するツイートがなされ、さらに自民党の武井俊輔衆議院議員が同大使館に敬意を示すツイートを行なった。国会議員が死刑制度に反対したり、その主張に一定の理解を示したりするのは自由だが、日本国憲法軽視の姿勢は許されない。”武井ツイート”を検証してみた。

1 2 3 10 »
PAGETOP
Copyright © ジャーナリスト松田隆 公式サイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.