法律関係をベースに社会、政治、文化、スポーツ等、様々なジャンルで執筆活動をしているジャーナリスト松田隆の公式サイトです。
最新情報
  • HOME »
  • 最新情報 »
  • 芸能

芸能

田口淳之介氏は”早すぎる復帰”? 敢えて言う「早期の活動再開の何が悪い」

 「KAT-TUN」の元メンバー田口淳之介さんが、大麻取締法違反(所持)の罪で有罪判決を受けた2週間後に芸能活動を再開させたことに対して、批判的な声が出ている。こういう”世間の声”には疑問を感じる。敢えて言う。「早期の活動再開の何が悪い」

陰謀論を唱えるラサール石井氏 オウム真理教信者の思考回路との相似性

 タレントのラサール石井氏(64)の11月16日のツイートが話題になっている。沢尻エリカ容疑者が麻薬取締法違反容疑で逮捕された事について、政府が都合の悪い時に芸能人が逮捕されるとし、次期逮捕予定者がいて、誰かが(逮捕に)ゴーサインを出している、というものである。こうした理解に苦しむ主張は、かつてのオウム真理教を彷彿とさせる。

SHELLYさん離婚で「日米ハーフ」強調のスポニチ 両親の国籍に意味があるのか?

 世間は沢尻エリカ容疑者逮捕で大騒ぎだが、そんな中、スポーツニッポン(スポニチ)が11月17日、タレントのSHELLY(35)さんの離婚を伝えた。このニュースそのものに感想はないが、気になるのは記事の冒頭で「日米ハーフの人気タレント」としていることである。

沢尻エリカ容疑者を麻薬取締法違反で逮捕 ほんの少しだけ関わった過去

 女優の沢尻エリカ容疑者(33)が合成麻薬MDMAを所持していたとして、11月16日、麻薬取締法違反の疑いで警視庁組織犯罪対策5課に逮捕された。報道では午前中に家宅捜索を受け8時40分頃に感冒薬のカプセルに入っているMDMA2錠が見つかったのだという。

昭和は遠く…中山仁さん死去 長谷百合子さん、原良馬さんも2019年のさようなら

 俳優の中山仁さんが10月12日に肺腺がんで亡くなっていたことが11月11日、各メディアで報じられた。僕たちの世代では「サインはV」の牧圭介監督としての印象が強い。先月末には女優の八千草薫さんも他界されている。2019年は僕にとって忘れられない方が多く亡くなった年でもあった。

めざましテレビのアメフトボール事件 フジテレビに直接聞いた

 朝の情報番組「めざましテレビ」(フジテレビ系)が、9月29日に大きなミスを犯した。ラグビーW杯でパブリックビューイングを取材し放送することを同日20時にツイッターで告知したが、そこに出ている女性が持っているのがアメリカンフットボールのボールという、信じ難い間違い。

浜尾朱美さん旅立たれて1年 ドバイ土産を見ると思い出す

 キャスター、エッセイストの浜尾朱美さんが昨年9月14日に亡くなられてから、まもなく1年になる。僕の30代で最も思い出深い人、まだまだ頑張ってほしい人だっただけに寂しさは1年経っても変わることはない。

「ジャニーズのタレントより韓国の芸能人が人気」? TBSの非論理的番組制作

 8月10日の「新・情報7daysニュースキャスター」(TBS系)を見ていたら「若い世代は”韓流・日流ブーム”日韓の若者たちに本音を聞いた」という特集をやっていた。それによると日本は今、「第三次韓流ブーム」らしい。僕は全く知らなかったが。

吉本興業・岡本社長の会見は株主総会対策? 故意がないと主張

 吉本興業の所属タレントによる闇営業問題に関して、岡本昭彦社長の記者会見が2019年7月22日行われた。僕はyou tubeで主要な部分は見たが、岡本社長と大崎洋会長が50%の減俸1年ということで、宮迫博之さんと田村亮さんへの処分を撤回することが発表された(この点法的には問題がありそうだが今回は触れない)。ダラダラと長い会見ではあるが、社長が退任を免れるための戦略のようなものが垣間見られたのは、特筆に値する。

吉本興業「虚偽を訂正しない不作為」=「故意に虚偽を伝えた」、宮迫会見の真意

 7月20日の宮迫博之さんと田村亮さんの会見を受けて、所属タレントの闇営業に関する問題は、今後は吉本興業がどのような対応をするかが焦点になった。同社が通常の企業統治を行う会社であるなら、岡本昭彦社長の退任は免れない。

1 2 3 5 »
PAGETOP
Copyright © ジャーナリスト松田隆 公式サイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.