朝日新聞の吉岡桂子編集委員が隔離されるのを目的としているかのように台湾を訪問して、SNS上で公開している日記が炎上している件で、3月22日、台湾のメディアも一連の出来事を報じた。また、同記者は昨年もツイッターで不用意なつぶやきをしたことで炎上し、謝罪なしに挑発的な言葉で、火に油を注ぐようなツイートをしていたことが分かった。

■台湾紙も報道「台湾を困らせないで」

台湾の自由時報電子版3月22日付けから

 3月22日の台湾の自由時報電子版は「武漢肺炎》日記者訪台寫「隔離日記」挨罵:別給台灣添麻煩」という見出しを掲げ、一連の経緯を説明する記事を掲載した。見出しは「武漢肺炎で日本の記者が訪台し『隔離日記』を買き、『台湾を困らせないで』と叱られた」という程度の意味であろう。

 肝心の吉岡編集委員は隔離日記の2日目をアップしてからは沈黙を守っており、Facebookにアップした記事についた大量のコメントにも何の反応もしていない。

■家畜用のトウモロコシ、人間が「食べたくない」

 同編集委員がこうしたトラブルを起こすのは今回が初めてではない。過去にも同じようにツイッターで炎上したことがあった。2019年8月27日、「トランプ氏『日本の民間、政府の言うことよく聞く』」という見出しの記事に対するツイート。

 これは日米貿易交渉で、日本が米国産のトウモロコシを大量に輸入することが決まったというもので、その点についてのトランプ米大統領のコメントを中心に構成している。

吉岡桂子編集委員のツイッターから

 これに対して以下のようにツイート。

言うこときいて、トウモロコシ食べたくない。食べたい時に食べる→トウモロコシ、トランプ氏「日本の民間、政府の言うことよく聞く」

 つまりトランプ大統領に日本では民間人は政府の言いなりだと言われ、民間人である自分は言われるままトウモロコシは食べたくない、ということのようである。

 ところが、ここで問題になったトウモロコシは、いわゆるデントコーンと呼ばれるもので、家畜の飼料であり人間が食べるものではない。

 それを知らずにつぶやいたことでツッコミが殺到した。この程度の間違いなら誰にでもある話で「間違えました、ごめんなさい」と一言、ツイートすれば済む話ではある。しかし同編集委員はしばらく放置してから、こうツイートしたのである。

ご指摘ありがとうございました!

 間違えたことのお詫びは一切なし。その上、エクスクラメーションマーク(!)付きの「ありがとうございました」である。この(!)は通常の感覚であれば、「うるせえな」という意味に取るであろう。少なくとも真摯にお礼を言っている姿勢ではない。

■ユーザーから「もっと他に言いようがないのか?」

 これは炎上している所へガソリンを投じるようなもの。一気に炎は燃え上がった。

★ろくすっぽ調査もせずに感情だけでツイートしてるんだね。

★削除して謝罪した方がいいのではないのですか?

★…いやいや最後の ! に知性を感じました! さすがです!

★新聞記者の看板出してるなら裏を取ってから発言しろよ(笑)

これらはまだ柔らかい方である。

★裏付けも取らずに流言飛語で人を批判。自分の誤りを認めもせずに謝罪しない。…

★間違えたらごめんなさいって謝るって教わったり教えたりしなかったんですかそうですか

★謝罪すると給料が下がるのですか。

★もっと他に言いようがないのか?バカかお前は?

★ば○まるだし

 炎上させた同編集委員は謝罪もせずに、その後、何食わぬ顔でツイッターでつぶやき続けたのである。

■炎上すべくして炎上 2度あることは3度?

 こうしてみると、今回の”隔離目的”と思われる台湾入りとそれに伴う炎上もなるべくしてなったというものなのかもしれない。SNSを通じて他者とコミュニケーションを取ることが、決定的に向いていないと感じさせられる。

 今回の件も更新をやめたまま隔離日記は2回で終了してしまうのかもしれない。この先、何度も同じことを繰り返しそうな予感がするのは僕だけだろうか。