通算PVが3月7日未明に45万に到達した。1月27日の40万PV到達から40日目での達成で、その間の1日平均PVは1250の計算となる。海外からの記事が注目を集め、また、いただいたコメントから学ぶことも多く「みなさんのおかげです」を実感する区切りの45万PVとなった。

■台北からの記事がPVに貢献 地道に積み重ねた5万PV

感慨深い45万の数字

 40万PVから45万PVまでの期間は、爆発的なPVを集めた記事がなく、地道に積み重ねた形だった。

 そんな中、台北の葛西健二氏にもご協力いただいたのは大きかった。特にチャゲアスのASKAさんの記事は1万近いPVを集め、今も数字を積み重ねている。この場を借りて、お礼を申し上げたい。葛西健二さん、ありがとうございました。

 こうしてHPを運営してきて思うのは、自分1人の力では限界があるということ。知識の量だけでなく、僕自身の判断基準も変わるわけではないから、読み手としては(もう、松田の言うことは大体分かっているよ)と思う場合も少なくないと思う。

 やはり多くの人に訪問していただくためには、様々なニーズに応えるための記事を揃える必要があり、そのためには多くの人の力を借りなければならない。

■中近東からの出稿を予定 春にリニューアル

1989年夏、シンガポールにて 髪が黒々していた(笑)

 今後の予定については、直近では、中近東在住の方に出稿していただくことにしている。小さな個人サイトだが、海外からの記事というのは売りにしていこうと思う。

 また、4月から5月をめどに、遅くとも7月1日までには全面的にリニューアルする予定。個人の名前を外し、ニュース&オピニオンサイトの性格を前面に押し出していく。

 現在、このHPを制作していただいたオフィスレゾネイトの舩越玲子代表と打ち合わせを続けており、東京五輪開幕前には公開できるように準備を進めている。サイト名もほぼ固まったので、そのうちご紹介できると思う。

 長い目で見れば、色々と考えていることもある。それはサイトを堅実に運営しながら徐々に現実のものとしていきたい。

■アンチコメントからも学ぶ日々

 このサイトを定期的に訪れてくださる方も増え、コメントもいただけるようになった。本当にありがたいことだと思う。

 アンチコメントからも学ぶことも少なくない。先日もツイッターで(お前の文章は何だ。句読点の打ち方が下手。ちゃんと推敲しているのか。青学はこの程度か)といったお叱りをいただいた。

 僕も人間なので読んだ時にカチンと来たのは確か。しかし、問題の文章を読み返してみると指摘の通りだったので、そのようなコメントにもしっかりと目を通すことの重要性を再認識させられた。僕に罵詈雑言を浴びせた方にも、ここでお礼を申し上げておこう。

 「……ありがとね」(笑)。いや、ホント、感謝してます。

 みなさん、どうか、これからもよろしくお願いいたします。

<松田隆公式サイトの歩み>

1PV:2017年11月13日(開設)

7万PV:2019年7月2日

10万PV:同8月18日

15万PV:同9月26日

20万PV:同10月13日

25万PV:同12月4日

30万PV:同12月10日

35万PV:同12月26日

40万PV:2020年1月27日

45万PV:同3月7日