留学生に日本語で小論文を教えている関係で様々な国の若者と触れ合う機会が多い。その中で異色なのがウズベキスタンからの学生である。他国の学生が政治状況等に疎い傾向があるのに対し、ウズベキスタンからの学生は詳しい者が少なくない。しかも、どちらかといえば親日の傾向がある。

■戦後の沖縄の状況を知っていたウズベキスタン人

 きっかけは沖縄問題である。授業中に1970年代初頭、琉球切手(沖縄切手)が人気になったことを紹介し「国が発行する切手を、どうして地方が発行できたと思う?」と聞いてみた。(誰も分からないだろう)と思っていたら、ウズベキスタン人の学生が「アメリカが占領してたからじゃない?」と言ったのである。

 さすがにびっくりして「良く知ってるなぁ」と言って、簡単に沖縄返還に至るまでの経緯を説明した。琉球切手とは返還前の沖縄で使用されていた切手のこと(正確には琉球政府の郵政局発行と、それ以前のものがある)。第二次大戦後から1972年5月に返還されるまで沖縄が米軍統治下にあったことを知らないと出てこない話で、それをウズベキスタンの学生が知っていたことには驚かされた。

■真剣な表情で言った「イタリアのせい」

 もう1つのクラスでも同じ話をしたら、やはりウズベキスタンの学生が同じ答えを言った。どうやら偶然ではなく、ウズベキスタンからの留学生にはそうした国際政治について興味を持っている者が多いようである。中国、ベトナム、ミャンマーなどの学生は全く興味がないのか、(へえ、そうだったの)程度で聞き流していたのとは対照的である。

 その後、僕が大学生のころ、ドイツ語の先生が「君達も、私の国も戦争に負けた。お互いに頑張ろうじゃないか」という話をしたところ、そのウズベキスタンの学生がこう言ったのである。

「日本とドイツが負けたのは、イタリアと一緒に戦ったせいだよ」

 最初はよくある冗談なのかと思ったが、言った学生は全く笑っておらず真剣な表情だった。それは日本人に対して(自信を持て)というメッセージのようにも感じられた。

 彼の言ったことが正しいのかどうか僕には分からないが、イタリアは第二次大戦終結前にドイツに対して宣戦布告し、日本にも宣戦布告したことは良く知られている。

■海外には様々な考えの学生が存在

 ウズベキスタンは一般的に親日であると言われる。それはシベリア抑留された日本人が現地で建てた建築物などのインフラ整備に貢献したこと等が理由の一つとされ、中山恭子氏(元在ウズベキスタン特命全権大使)も同様の話をしている。

 そのようなことから日本が敗戦に至る経緯を良く知るために、沖縄のことも知っていたのかもしれない。実際のところは分からないが、海外にはそのような考えをする学生もいるということが分かっただけでも、勉強になった。