「国境なき医師団の倫理なき寄付金集め」の第2回をお届けする。12月10日、国境なき医師団日本事務局(所在地:東京都新宿区、代表:加藤寛幸)の「ヨシダ」と名乗る人物と電話で話をした。同団体が業者から名簿を買い取り、寄付を依頼する手紙を無差別に送っていることについて、再三、中止するように申し入れたがヨシダ氏はやめることを約束しなかった。今後も、あなたの生活空間に突然、NPO法人の寄付を求める手紙が送り付けられる可能性がある。

■話し合い2時間 DMをやめるつもりはない

国境なき医師団は、あなたの個人情報を業者から買い取っている

 責任者と称するヨシダ氏との話し合いは2時間に及んだ。詳細は後日お伝えするが、彼らは今後も買い取った名簿をもとにダイレクトメール(DM)を送ることをやめるつもりはないようである。

 筆者はそれによって大きな迷惑を受け、埼玉県警熊谷署に相談し、もう少しで事件になるところであった。それに対してヨシダ氏は申し訳ないという気持ちを表明していた。しかし、約束したのはお詫びをして、今後は送らないなどの措置が取れるということまで。

 DM送付を止める予定はなく、新たな被害者が生まれることについては、その都度、事後の対応のみを考えているようである。

■名簿業者からあなたの個人情報を買い取った国境なき医師団

 彼らの言い分は(あなたには迷惑をかけたので、これからは迷惑をかけません。でも、問題の行為はやめる予定はなく、他の人に迷惑がかかるかもしれません。その時は、その都度謝ります)という趣旨と言えよう。

 名簿業者から名簿を買って、ダイレクトメールを無差別に送るのをやめるように再三、忠告したが最後まで聞き入れてもらえなかった。今後、あなたのもとに突然、国境なき医師団から「寄付をお願いします」という手紙が届くことは起こり得る。

 それは国境なき医師団が、あなたの個人情報を名簿業者から買っているからである。あなたが高校時代に他者に漏れることなど想定もしなかった個人情報が、巡り巡ってNPO法人に買われ、突然、手紙を送り付けられるのである。

■命をかけて危険地域で働く医師らの顔に「泥を塗るような行為」

 医師、看護師として世界の危険な地域に足を運び、自らの命もかえりみずに苦しむ人々のために働く国境なき医師団のボランティアの崇高な行為は誰もが認めることであろう。その団体が個人情報を名簿業者から購入し、無差別に手紙を送りつける手法は「そうした人々の顔に泥を塗るような行為ですよ」とまで忠告したのだが、僕の言葉はヨシダ氏の胸には届かなかったようである。

(続く)

※筆者は情報をお待ちしています。国境なき医師団日本事務局から手紙が届いたという方など、情報をお寄せください。あなたの個人情報は、いまだにNPO法人に握られたままのはずです。