米カリフォルニア州サンタアニタ競馬場で11月2日(日本時間3日)に行われたG1ブリーダーズCクラシック(ダート10ハロン)は、単勝3番人気のヴィノロッソ(牡4)が優勝した。4番手から直線で1番人気のマッキンジーを競り落とし4馬身4分の1差をつける完勝だった。

■4番手から直線で4馬身以上の差つけ圧勝

ブリーダーズカップ公式HPのトップページ

 プリークネスSを制したウォーオブウィルが先手を取り、マッキンジー・モンゴリアングルームが続き、その後ろの4番手にヴィノロッソという並び。3角では早々とマッキンジーがウォーオブウィルを交わして先頭に立つ。直線を向いた時に2番手に上昇していたヴィノロッソが、直線半ばでマッキンジーを交わして先頭に立つとそのままリードを広げて圧勝した。

 マッキンジーが2着に粘り、3着にハイアーパワー、日本産馬ヨシダ(父ハーツクライ)は8着と敗れた。

■前走進路妨害で2着降着の無念晴らす

 ヴィノロッソはBCクラシック、ドバイワールドCなどG1を7勝、2007、2008年と2年連続でアメリカの年度代表馬となったカーリンの産駒。ケンタッキーダービー9着、ベルモントS4着とクラシックでは好結果を残せなかったが、4歳の今年5月27日のゴールドカップアットサンタアニタSでG1を初制覇。

 その後、ホイットニーS3着と好走し、9月28日のジョッキークラブゴールドカップ招待では逃げて1位入線したが進路妨害で2着に降着とされた。その時の繰り上がりの1着が、今回2番人気で7着に終わったコードオブオナーだった。