10月6日に行われた第98回凱旋門賞当日の5RのG1オペラ賞(芝2000m)に出走した武豊騎手騎乗のコムは4着に終わった。勝ったのはヴィラマリナでG1初制覇。6RのG1アベイドロンシャン賞(芝1000m)はジョリーとのコンビで12着だった。

■仏オークス2着、吉田照哉氏所有のコム

オペラ賞のコムは4着(フランスギャロHPから)

 武豊騎手は好スタートから外の4番手につけて、逃げる単勝1番人気のメーダイー、2番手のウイズユーを見ながらの競馬。

 直線を向き残り400mを過ぎたあたりでは先頭に立つ勢いだったが、コムの直後にいたヴィラマリナに外から一気に交わされ4着に終わった。

 コムは社台ファーム代表の吉田照哉氏の所有馬。6月16日のG1仏オークス2着の後、8月15日のG3リウレイ賞に出走して3着となっていた。

 勝った3歳のヴィラマリナはデビューが今年4月4日と遅く、初勝利は5戦目の7月11日。続く7月27日のG3プシケ賞(芝2000m)で重賞初制覇を達成し、前走9月15日のG1ヴェルメイユ賞はさすがに相手が強く4着と敗れたが、大一番で見事に巻き返した。

■武豊騎手アベイドロンシャン賞は12着

 6Rアベイドロンシャン賞(芝1000m)はグラススリッパーが優勝。武豊騎手騎乗のジョリーは12着だった。

 この日、武豊騎手は5クラに騎乗し7、5、6、4、12着と勝ち星は挙げられなかった。