ラグビーW杯予選リーグA組で9月28日、日本がアイルランドを19-12で下した衝撃はいまだ冷めやらぬところである。日本はこの後、サモア(10月5日)、スコットランド(10月13日)と対戦するが、1位突破も見えてきた。ところが英国の賭け屋(ブックメーカー)はスコットランド有利のオッズを示している。「君たちの目は節穴か!」と言いたくなる(笑)。

■スコットランド勝利1.73倍 日本勝利2.25倍

前回負けてはいるのですが…

 英国では競馬などの競技はもちろん、サッカーやラグビーなども「ブックメーカー」(ブッキーなどと呼ばれるようである)と呼ばれる賭け屋が賭けの対象としている。かなりの数のブックメーカーが存在するが、オッズは大体、同じようなものである。

 もともとラグビーは実力がそのまま結果につながりやすいと言われる競技。日本はアイルランドとの一戦が前半はともかく、後半は相手を0点に抑え完勝と言っていい内容だっただけに英国での評価も上がっているのは確かである。

 しかし、オッズを調べてみてびっくり。日本ースコットランド戦はほとんどのブックメーカーがスコットランド有利と見ている。4つほどブックメーカーをピックアップしたが、スコットランドのオッズは1.73倍程度である。つまり「スコットランド勝利に1万円!」と賭けた人は、実際にその通りになったら1万7300円の払い戻しを受けられる。

 一方、「日本の勝利に1万円!」と賭けた人は、ブックメーカーによるが2万1000円から2万2500円の配当ということになる。スコットランドは9月22日の初戦、アイルランドにノートライに抑えられ3-27で完敗した。そのアイルランドに日本が19-12で勝っているのに、まだスコットランド有利とは…。

 それが勝負の世界、何が起きるか分からないし、実際、前回のW杯ではスコットランドに10-45で負けているから仕方がないのかもしれない。彼らも「何だかんだいって、最後はスコットランドが地力で優る」と考えているのであろう。しかし、こうなったらロンドンまでひとっ飛びして「日本勝利」に全財産を投入してやりたい気分である。

■日本>サモアは認めるブックメーカー

サモア戦は日本有利と見ている

 もっとも、サモアがからむと、それなりにブックメーカーも日本をリスペクトしてくれているのが分かる。スコットランドーサモアはスコットランド勝利のオッズは1.1倍~1.17倍。1万円賭け、的中しても1万1700円しか戻ってこない。逆にサモアの勝利は5.5倍~7倍と日本の2倍を切るオッズより遥かに高く設定されている。

 ちなみに日本ーサモアは大手ブックメーカーは売らないところが多いようである。オッズペディアというブックメーカーが発売しているようで、日本(1.15倍)vsサモア(5.75倍)とされていた。日本を圧倒的に有利と見ているわけである。

 こうなったら日本代表にはスコットランド戦で完勝してもらい、英国ブックメーカーに「参りました」と言わせてやろうではないか。NHKのアナウンサーも「もう奇跡と言わせない」と絶叫していたことだし。