8月21日に広告を導入してから1か月と少し経ったが、累計の金額が3,000円を突破した。ほとんど趣味で書いていたサイトでお金になるというのが信じられない。皆様にご報告と感謝の気持ちをお伝えしたい。

■PVの7%が広告料か ありがとうグレタさん

3,000円は大金です

 一昨日にアップした「グレタ・トゥンベリ16歳 環境団体のパペットに振り回される国際社会とメディア」の記事が過去最高のPVを記録したこともあって、広告収入もそれなりに入り、導入から1か月と少しで3,000円を超えた。

 Google AdSenseでは最低の支払額が5,000円というから、そこまであと少し。いい記事をたくさん書いて皆さんに読んでいただければと思っている。マクドナルドでアルバイトをしても3時間働かないともらえない金額だと思うので、駄文を書き散らかしてこれだけのお金をいただけるのはありがたいとしか言いようがない。

 8月21日からのPVは4万4,545で、広告の表示回数は4万8,415だった。僕にしては上出来で、こうしてみるとPVの7%程度が広告料になるということなのだろう。これはクリック数も関係してくるだろうから簡単には言えないが、一つの目安にはなる。

■レバノン、タンザニア…誰がどうやって見てるの?

 国別のデータを見てみると、68の国と地域からアクセスがあり、日本以外では米国がPV1位で258だった。トップ10は以下の通り。

(1)米国 258

(2)タイ 58

(3)ドイツ 57

(4)韓国 54

(5)中国 47

(6)英国 39

(7)中華民国(台湾) 36

(8)カナダ 33

(9)シンガポール 29

(10)インドネシア 25

 こんな国からアクセスが、というところでは、レバノン(砲弾は飛んできてませんか?)、マルタ(ものすごく行ってみたいです!)、タンザニア(なぜ、どうやって見たのか?)、ザンビア(行ったことがある!)あたり。

 どんな方がそのような国から見てくれているのか、本当に気になる。誰でもいいから「●●国からアクセスしてます!」みたいなコメントをいただけるとありがたいのだが、これまで何度呼びかけても反応がなかった(笑)。タイは日刊スポーツの元同僚、バーレーンは「アッラーの国のフットボール」のあの方かな、などと想像力を膨らませて楽しんでいる。

 とにかく、今後も頑張ってたくさんの情報を発信していきますので、どうぞよろしくお願いします。これをご覧になっている方、よろしければ広告をポチッと、お願いします。