3歳馬サーカスマキシマスが9月8日のムーランドロンシャン賞(パリロンシャン、芝1600m)を制し、2つ目のG1勝ちを手にした。道中は内ラチ沿いの3番手につけ、直線で先頭に立ち後続の追撃を抑えた。ハナ差の2着はG1ジャックルマロワ賞を制したローマナイズド。

■サーカスマキシマスは2度目のG1制覇

写真はフランスギャロの動画から

 3着が米G1BCジュヴェナイルターフの優勝馬のラインオブデューティで、G1愛2000ギニー優勝のフェニックスオブスペインは5着と敗れた。

 サーカスマキシマスは英G1セントジェームズパレスSを制したアイルランドのA.オブライエン厩舎の3歳牡馬。父がガリレオで、母はG2デュークオブケンブリッジSなど重賞3勝のダントルという良血。

 G1英ダービーは6着と敗れたが、6月18日のG1セントジェームズパレスS(芝8ハロン)に追加登録料4万5000ポンド(約600万円)を支払って出走し、見事に制している。

 セントジェームズパレスSは各国のギニー戦線の上位馬が集まる格の高いレースとして知られており、それに続くG1制覇で自らの力を証明する形となった。

■ローマナイズドG1連勝ならず

 2着のローマナイズドは5番手につけたが、最後の決め手勝負で勝ち馬に屈した。2018年のG1愛2000ギニー勝ち馬で8月11日のG1ジャックルマロワ賞を制したが、2戦連続のG1制覇はならなかった。