1975年(昭和50)の夏の甲子園で上尾高校がベスト4に進出し、当時、中学3年だった僕を含め埼玉県民が熱狂してから44年の月日が流れた。今日8月23日、埼玉の実家に戻って上尾高校の快進撃を伝えるスポーツ新聞を取り出した。見出しは忘れもしない「逆転”金星”上尾マーチ」。セピア色に変色したスポーツニッポン(スポニチ)を読んでいると、半世紀近い昔の興奮が蘇ってくる。

■優勝候補筆頭の東海大相模 vs ノーマークの伏兵上尾

万歳する上尾・岩崎と今(右)

 昭和50年8月20日、夏の甲子園10日目、準々決勝第2試合は東海大相模(神奈川)対上尾(埼玉)。原辰徳(現巨人軍監督)擁する東海大相模は優勝候補筆頭、対する上尾は全国的には全くの無名校である。戦う前に上尾高校が勝つと考えていた人間が一体、何人いたか。

 しかし、試合は5-4で上尾高校が逆転勝ち。試合結果を伝えるスポニチの1面の写真が出色である。ゲームセットの瞬間、笑顔で走る上尾・今太(こん・ふとし)投手と万歳する上尾・岩崎三塁手、その横で天を仰ぐ二塁ランナーの東海大相模・綱島。勝者と敗者の明暗がくっきりと分かれた瞬間を見事に捉えている。スポニチのカメラマンがいい仕事をしているではないか。

第57回全国高校野球10日目(昭和50年8月20日)準々決勝第2試合

上   尾 101 000 030|5

東海大相模 002 200 000|4

(投手)回 打者 安打 三振 四死 失点 自責

 今  9 43      11  1  6  4  4

村 中 9 38      9   4  5  5  3

■4の4原辰徳に真っ向勝負、優勝したかのような騒ぎ

 僕はこの試合を自宅で観戦していた。テレビの前に正座して1つのプレー毎に「よぉぉぉし!」「あーーーー!」みたいな声を出していたのを思い出す。4回までに4失点、原辰徳に4打席連続安打(2打点)され、ヨレヨレになりながらも踏ん張る今太投手。

 上尾が8回表に3点を入れて逆転し、5-4と1点リードで迎えた8回裏、二死一塁の場面でこの日、5打席目の原辰徳。(敬遠した方が…)と僕は思っていたような記憶がある。しかし、4打数4安打と打ち込まれている相手に真っ向勝負、2ボールから内角高めの球でキャッチャーファウルフライに打ち取った。

 事実上、勝負を決めたこのシーンを、スポニチはこう書いている。

 まるで優勝でもしたかのように大騒ぎする三塁側、上尾応援団の歓声を聞きながら、原はバットをたたきつけた。

 僕もテレビの前で「よーーーし!、今(こん)、よくやったぁ!!!」みたいな、声をあげていたと思う。ちなみに僕は今太投手とは面識はない。

■東海大相模佐藤主将「負けるなんて思いもしなかった」

 5回以降、東海大相模打線を0点に抑えた今太投手のコメントが掲載されていた。「確かに迫力のある打線だったが、追加点を許したら、もうおしまいだと思って必死に投げた」。これが昭和の夏の甲子園。当時の高校生は人生を賭けて、地元の期待を一身に背負って戦っていた…と思う。少なくとも「甲子園を楽しんできます」なんて、ナメたようなセリフを口にするヤツなんていなかった。

 東海大相模の佐藤功主将は「負けるなんて思いもしなかった。しかも逆転されるなんて…。逆転を食ったのは今年に入って記憶がない」と放心状態で語ったとされている。

■時は流れ、人は変わるが、甲子園のドラマは終わることを知らない

 こうして文章を書いていると中学3年の時の興奮が蘇ってくる。この新聞が出た昭和50年8月21日、僕は愛知県の親戚の家に遊びに行くため、熊谷駅でスポニチを買った。あれから半世紀近い月日が流れ、こうして、その新聞を見ながら文章を書いているのが不思議である。

 電車の中で新聞記事を何度も何度も読み返した。その時に印象に残ったフレーズがこれ。

 「時は流れ、人は変わるが、甲子園のドラマは終わることを知らない、三十八校、いや二千七百九十八校はもう四校になってしまった」。

 今、読んでもいい文章じゃないか。

上尾高校  打数 安打 打点 三振 四死 失策 通算打安

(二)筑 井 4  1  0  2  1  0 11ー5

(中)新 井 4  1  0  0  0  0 14ー4

(遊)岩 城 3  1  1  0  1  0 11ー3

(捕)中 村 4  1  3  1  0  0 13-4

(一)塚 原 2  1  0  1  2  0 10-2

(左)川 島 3  2  0  0  1  0 10-4

(右)樋 口 4  2  1  0  0  0 10-4

(三)岩 崎 4  0  0  0  0  0 12-2

(投) 今  4  0  0  0  0  0 11-2

※スポニチ紙面を元に作成。塚原(2年)以外はすべて3年