法律関係をベースに社会、政治、文化、スポーツ等、様々なジャンルで執筆活動をしているジャーナリスト松田隆の公式サイトです。
最新情報
  • HOME »
  • 最新情報 »
  • Never limit yourself

月別アーカイブ: 2020年2月

安倍晋三総理が国民へ語る(1)子供達への集団感染を防ぐため小中高への休業要請

 安倍晋三首相が2月29日午後、新型コロナウイルスに関する対策につき、記者会見した。会見の冒頭で決意を語った。およそ20分間に渡った首相の決意を、話したまま紹介する。

安倍晋三総理が国民へ語る(2)新しい助成金制度創設、雇用調整助成金活用

 安倍晋三総理が2月29日の会見で国民に語った言葉、その(2)です。

安倍晋三総理が国民へ語る(3)盤石な検査・医療体制を構築 PCR検査に医療保険

 安倍晋三総理が2月29日の会見で国民に語った言葉、その(3)です。

安倍晋三総理が国民へ語る(4)国民一人ひとりの理解と協力で乗り越える

安倍晋三総理が2月29日の会見で国民に語った言葉、その(4)です。

武漢出身の留学生に聞いた「武漢市民3000人が次々と市外に出た…」

 新型コロナウイルスによる感染症の感染源と言われる中国の湖北省武漢市で2月24日、市外に出ることを禁じる措置が緩和されたが、その3時間後に撤回された。一連の動きは日本でも大きく報じられ、武漢の当局者は「最初の通知が幹部の同意を得ずに発表されたもので無効」という説明をしたとされる。しかし、実際に武漢からの留学生に聞くと、かなり話が違っている。

日刊スポーツが休校要請を「丸投げ」と批判 中学生も失笑するような非論理性

 日刊スポーツ2月29日付けは1面で「安倍政権ふざけるな!!」という大見出しを掲げた。2月27日に安倍晋三首相が新型コロナウイルス感染拡大阻止に向けて、全国の小中高などに休校要請をしたことを中心とした対策に対する批判を展開している。しかし、書いている記者が法律や行政を全く理解できていないせいか、素人が読んでも論理的におかしいと感じるであろう内容となっている。

台北で人気ブランド?「小室哲哉マンション」 住んでみたいような…

 近年、台北市周辺にある新北市や桃園市ではタワーマンションの建設ラッシュとなっています。日本ではマンションの名前に洒落た横文字を並べる場合が多いですが、台湾では日本語を使うことが少なくありません。その結果、マンション「小室哲哉」、マンション「夏目漱石」という、日本人には信じ難い名前が登場しています。今回はそんな台湾のマンション命名事情を紹介しましょう。(台北・葛西健二)

下船した乗客から感染者 隔離したくても法的根拠が見当たらず…

 大型クルーズ船のダイヤモンド・プリンセス号でのウイルス検査が陰性で2月19日に下船した乗客のうち、栃木県の60代の女性が感染していたことが22日、明らかになった。この点について「下船後に乗客を隔離すべきであった」という声も出ている。しかし、現行法で考えると実現は簡単ではない。問題は法整備が十分ではない点にあると思う。

「疫病之船」の台湾人19名が帰国 戻ってくるなの声と「香港、おい!」

 大型クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号に乗船していた台湾人19名が2月21日、現地時間の午後10時過ぎにチャーター機で桃園国際空港に到着、その様子がテレビで生中継されました。この問題に脅威を感じる人が多い台湾では帰国を歓迎する声がある一方、「戻ってこないで」という声も出ました。日本とは事情が異なる台湾のダイヤモンド・プリンセス号事件の背景をお伝えします。(台北・葛西健二)

沖タイ阿部岳記者「僕をブロックするな」 問われる記者としての資質

 河野太郎防衛相が自身のツイッターで沖縄タイムスの記者をブロックしている問題につき2月21日の記者会見で「個人が暇つぶしでやっているものにとやかく言われることはない」と述べた。これに対し2月22日付けの沖縄タイムス電子版が批判的に報じ、また、ブロックされた阿部岳記者もツイッターで批判を続けている。沖縄タイムスと阿部岳記者の主張は著しく論理性を欠いており、メディアとして、記者としての資質を疑わせる。

1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © ジャーナリスト松田隆 公式サイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.