法律関係をベースに社会、政治、文化、スポーツ等、様々なジャンルで執筆活動をしているジャーナリスト松田隆の公式サイトです。
最新情報
  • HOME »
  • 最新情報 »
  • 社会

月別アーカイブ: 2019年9月

TBS系「消えた天才」の悪質手口、加工映像を高橋大輔選手のスピンと並べて比較

 人気番組「消えた天才」が映像を加工していたことが明らかになって休止となっている問題でTBSは9月10日、番組について「精査中」であるとした。一流選手が、それまで勝てなかった人で、その後、表舞台から姿を消した「消えた天才」の人生を追跡するドキュメントの視聴者を欺く行為は、これから本格的に明らかになる。

怒れ!就活生 僕も経験した大企業の舐めた態度 1984年夏

 リクナビを利用した学生の内定辞退率を予測して他社に販売するサービス「リクナビDMPフォロー」(8月4日付けで廃止)の問題で、リクナビを運営するリクルートキャリアが9月6日、厚労省から東京労働局を通じて行政指導を受けた。この辞退率などの購入契約を結んだ企業は38社とされ、日本を代表するような大企業が名前を連ねている。

リクナビの”醜い大人” 根っこにあるのは「勘違い系社員」を生む体質か

 リクナビを運営するリクルートキャリアが厚労省から東京労働局を通じて行政指導を受けたことが、9月6日に明らかになった。リクナビを利用した学生の内定辞退率を予測して他社に販売するサービス「リクナビDMPフォロー」が、職安法に違反されたと判断された件である。この問題の背後にはリクルートというグループの体質に問題があるような気がする。

日刊スポーツの歴史に残る社長解任劇(終)僕が考える三浦社長の解任理由

 これまで5回に渡って現佐渡市長の三浦基裕氏の日刊スポーツ新聞社の代表取締役の事実上の解任について論じてきた。最終回の今回は僕自身が考える三浦氏の解任理由を書き、この連載を締めようと思う。

日刊スポーツの歴史に残る社長解任劇(5)朝日新聞傘下入り報道は真実?

 現佐渡市長の三浦基裕氏が日刊スポーツ新聞社の社長を解任された2011年6月28日以後、メディアで報じられたのは、三浦社長は日刊スポーツを朝日新聞の完全な子会社にする考えを持っており、それが川田会長の逆鱗に触れたという内容である。果たしてこれは真実なのか。

PAGETOP
Copyright © ジャーナリスト松田隆 公式サイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.