【連載 第1回】すかいらーく誕生前夜、激動の時代に生きた創業家四兄弟の戦前・戦後

すかいらーく1号店(現ガスト国立店)

われわれの青春時代のファミレス「すかいらーく」の創業者の1人である横川端氏にお話をうかがいつつ、「すかいらーく」誕生までを追う連載の第1回である。全5回を予定していて、まずは明治期から戦前までを中心に描いた。

企画を出したのが昨夏頃。横川端氏に連絡をとって、取材をさせていただき、全部をまとめてという間に色々とあって公開がこの時期になった。FoodistMediaでは初の連載で、ユーザーの皆さんの反応が気になる。

僕自身、すかいらーくには高校生、大学生の頃はよく足を運んだ。深夜のファミレス、友人とコーヒーのお代わりで粘ってあれこれ語った。冒頭に書いたが、僕たちにとって青春時代を過ごした場所でもある。

なお、すかいらーく1号店(現ガスト国立店)は甲州街道沿いにあって、僕は大学生のころに前を通ったことがある。その時に同乗者から「ここがすかいらーくの1号店だよ」と教えてもらった。30年後にまさかその店(会社)の歴史を取材して書くことになろうとは・・。これも人生だな。