月商700万円を誇る西荻窪『すっぴん』。常連客を量産する秘密は「飲み方目線」にアリ

すっぴんさんの店内にある山車提灯

西荻窪にある居酒屋「すっぴん」にお邪魔して、繁盛の理由を取材した。小林淳社長は元土建業で、27歳で飲食の世界に入ったという普通では考えられない遅いスタート。それがオープンから坪月商50万円を記録しているのだから、すごいと言うしかない。

本文にも書いたが、天才肌の経営者という印象。既成概念にとらわれずに次々と新しい策を打ち出す発想の豊かさが繁盛の大きな要因になっている。それから「酒は楽しんで飲むもの」という基本的なコンセプトがしっかりとしていると思う。

商売はこうしてやらないといけない、という見本のような店であると思う。詳細は本文をどうぞ。僕も勉強になった取材だった。