初上陸の海外ブランド続々。表参道の行列仕掛人、トランジット中村貞裕社長の「Hot Tokyo」戦略

中村貞裕社長の行動力に脱帽

billsやアイスモンスター、GYG、ドミニク・アンセルなど、海外のブランドを次々と日本に初上陸させているトランジットジェネラルオフィスの中村貞裕社長にお話をうかがった。

「Cool Japan」ではなく「Hot Tokyo」というキャッチコピーというかコンセプトが素晴らしいと思う。雑誌を見てすぐに現地に飛び、日本進出を交渉する行動力には脱帽。東京を元気にする人と言っていいと思う。

個人的に一番心に残ったのは、「Hot Tokyo」へのモチベーションの部分。国を愛する気持ち、東京を愛する気持ちがベース。「国を愛する」というだけで攻撃するような勢力が国会に多くの議席を有している現状で、中村社長のような世代、立場の方が自然とそれを口にできることは、素晴らしいことだと思う。