行列ができる法律相談所に青学大の原晋監督が出ていた。あの人なら出るだろうな、と思っていたら昨年の優勝メンバーの池田生成選手も登場。「もうひとつの箱根駅伝」でとりあげられた、4年生で最初で最後の箱根駅伝出場を勝ち取った根性の塊のような選手である。今は食品メーカーで勤務しているといい、かなりふっくらとした表情が陸上から離れたことを思わせる。そんな彼が「とてもやりがいのある仕事です」と今の仕事について語った。彼には、比べるのも失礼だけど、僕も体育会出身。社会人になったばかりのころは、僕もきっとそれぐらい仕事に夢中になっていたんだろうな。池田選手を見ていると30年以上前の自分のことを思い出して、涙が出そうになった。僕も、今の仕事をもっともっと頑張らないといけないな。