5月27日は東京優駿が行われ、ワグネリアンが優勝した。日本ダービーより「東京優駿」の方が呼び名としては好きだな。

武豊騎手にちょっと期待していたのだが、あんなものか。もっと前に行けたように思うが、距離が微妙に長いのかもしれない。

今年のダービー、ちょっとレベルが低かったような気もする。オークス馬が出てたら勝負になったんじゃないか? タイムも0秒2しか変わらないし。出走馬の父系がサンデーサイレンス系とキングカメハメハ系で14頭という血統の偏りが、微妙に影響しているような気がしないでもない。