アメフトの殺人タックルは犯罪なのか5月6日のアメリカンフットボールの日大ー関学大の定期戦で、日大のDL選手が無防備だった関学大QBにタックルして負傷退場させた事件が話題になっている。動画を見たけど、ひどい。プレーに全く関与していないところで背後からタックル。

たとえばボクシングなどは相手を殴って怪我をさせるわけで暴行・傷害罪の構成要件に該当するが、刑法35条で正当行為として違法性が阻却される。しかし、今回の行為は果たして違法性が阻却されるのだろうか。「スポーツであればどのような行為であっても許容されるわけではない」(基本講義 刑法総論 齋野彦弥著)。微妙な事例かもしれない。