法律関係をベースに社会、政治、文化、スポーツ等、様々なジャンルで執筆活動をしているジャーナリスト松田隆の公式サイトです。
最新情報
  • HOME »
  • 最新情報 »
  • Never limit yourself

Never limit yourself

取材者としてのテレビ朝日女性記者を、僕は許せない

財務省の福田淳一事務次官が辞任した。テレビ朝日の女性記者に対するセクハラ発言が原因だが、「(音声データは)一部しかとっていない。全体を見ればセクハラに該当しない」と言っている。 セクハラか、そうでないかの線引きははっきり …

蔡幸娟さんに陳妍希さん、台湾の芸能人はイケてる

いつもカリカリと政治や法律の話を書くことが多くなっているので、たまには個人的な趣味を書いてみよう。 これといった趣味もない退屈な人間なのだが、中華圏の人が歌う日本の歌を聴くのが結構好きで、その手の動画もかなりDLしている …

日本代表の監督交代劇、JFAという組織に思う

サッカー日本代表監督に西野朗氏が就任することになった。ワールドカップまで2カ月の時点での監督交代劇をどう評価すればいいのか。 これではダメという状況のまま本番に突入するよりはマシなのかもしれないが、4年に一度の舞台に向け …

沖タイ阿部岳記者の記事は詐術?「敵失に乗じた非論理的な攻撃」

沖縄タイムスの阿部岳記者の記事が「AERAdot.」に掲載されている。2017年12月12日に産経新聞が掲載した「日本人救った米兵 沖縄2紙は黙殺」という記事が全くの誤りであったことに関して、その取材姿勢、報道姿勢を厳し …

取材の舞台裏(17)死刑判決で主文後回しの実情

死刑判決で主文が後回しになることが多いのはよく知られている。そのあたりの実情を現役の弁護士に聞き、自分なりの見解をまとめた。弁護士ドットコムでの公開は2017年11月14日。 「主文後回し」裁判所の狙いとは…死刑に限らず …

麻生財務相「新聞のレベル」発言に、森本毅郎氏の呵々大笑の愚かさ

30日早朝、自動車を運転しながらTBSラジオを聴いていたら、ニュースキャスターの森本毅郎氏の声が聞こえてきた。彼は番組のオープニング早々、麻生太郎副総理兼財務相の29日の参院財政金融委員会での発言について、あれこれと話し …

3・11から7年、静かに手を合わせよう

 東日本大震災から7年か。2011年3月11日午後2時46分、僕は築地の日刊スポーツのビル内にいて激しい揺れを感じた。横揺れがひどかった。午後3時から予定されていた会議は中止。激しい揺れが起きるたびに会社から避難の指示が …

女性専用車両に反対する男たち、検挙されないうちにやめようよ

女性専用車両に男性が乗り込んで電車が遅延するトラブルが起きているという。ネットなどの情報を総合すると、男性らは女性専用車両を「男性差別」だと主張する団体のメンバーだという。テレビなどでは「女性専用車両に反対する会」という …

日本経済新聞のとんでもないカーリング記事

報道の粗探しをするわけではないが「これは論外でしょう」という記事を見つけたので、あえて一言。 日本経済新聞2月25日付け朝刊、冬季五輪平昌大会・女子カーリングで日本が銅メダルを取った記事だ。文中にこんな一節がある。 スト …

窪田順生氏のメダル量産国記事の致命的な非論理性

窪田順生氏の「五輪『日本大躍進』報道のウソ、日本がメダル量産国になれない理由」という記事が週刊ダイヤモンドの「DIAMOND on line」にアップされている。窪田氏については貴乃花親方の記事「貴乃花親方をめぐる窪田順 …

1 2 3 7 »
PAGETOP
Copyright © ジャーナリスト松田隆 公式サイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.