今日11月20日、ある企業の社長さんの取材でのこと。その社長さんが事前に僕のHPを見ていてくれていて「松田さん、成蹊ですよね?」と聞かれた。聞くと社長さんも成蹊、しかも経済学部の出身だという。

こういうこともあるんだよなあ。もうそれだけで嬉しくなって、取材が終わってから、大学時代の話に。

社長:松田さんの頃はどのあたりに飲みに行きました?

松田:僕たちのころはBANという店があって、そこが多かったです。

社長:BAN? 知らないですねえ。

松田:僕たちが在学中に閉店しましたから。あと、井の頭公園の近くの・・

社長:たくさんありますが・・

松田:焼き鳥が有名な・・

社長:いせや! 本店に公園店、、

松田:そうです、そうです。

社長:成蹊の学生なら、一度はお世話になるという(笑)。

松田:ですよね。僕たちは剣道部の追いコンがいせやでした。

こんな感じで、成蹊出身者でなければ分からない話で盛り上がった。こういうのも比較的小規模な大学だから、余計、連帯感が生まれるのだと思う。ちなみに僕が在学中、中井貴一さんが在籍していた。石田衣良さんも重なってるんじゃないかな。

そういえば1年ぐらい前に某銀行から金融商品を勧められたのだが、その女性は青学出身だという。卒業年を聞いたら僕のロースクール時代と1年か2年かぶっていて「キャンパスですれ違ってたかもしれませんね」という話になった。青学出身者の連帯感も結構ある。特に最近は駅伝が強いから、その話で盛り上がれるのはうれしい。

何年たっても出身大学の話になると昔に戻る。そういうことがあると後輩たちのためにも、社会人として恥ずかしくない仕事をしないといけないと思う。

自分にとっていい刺激剤だね。