最近、話題になっている新聞記者と言えば、沖縄タイムスの阿部岳記者だろう。

you tubeなどでお目にかかるけど、このタイプの記者は昔からいる。ただ機械的に権力に反対することがジャーナリズムだと思っている人たち。筑紫、鳥越、大谷、みんな同類だと思う。彼らに共通するのは、取材する前から結論が出ているということじゃないかな。最初から結論ありきで、自分の趣旨に合うコメントをさせて一丁上がり。

多分、阿部岳記者の頭の中には「権力=悪」という絶対的な価値観があり、インプットされる情報が瞬時に白と黒に分けられて、コンベアーに乗って記事が出来上がる。自分の頭で考える必要がないから考えようによっては楽な作業である。

日本において反権力というのは、実は非常に安全なポジション。どんなに政府、与党の悪口を言っても身に危険は及ばないし「権力に抗する記者魂を持った人」みたいに尊敬される(と思っている)。彼らは下手に批判すると身に危険が及ぶC総連とか、B同盟の批判は絶対にしない。

阿部岳記者は自分はジャーナリストと思っているのだろうが、記者というニュートラルの衣を借りて安全な場所で政治活動をやっているようにしか、僕には見えないけどね。実際そうでしょ。

ちなみに阿部岳記者のように無意味に笑顔を浮かべる人は、統一教会やエホバの証人の信者によく見られる。よく考えてみると、みんな、自分で考える作業をしないという点において、共通するものがある気がする。