日刊スポーツ電子版の財務省のセクハラ発言に関する記事(4月28日付)を見て、絶望的な気分になった。

福田淳一氏のセクハラ調査2次被害拡大恐れ打ち切り

スポーツ新聞の政治記事(笑)

財務省が福田淳一氏のセクハラを認定し、会見したことに関するものだが「麻生氏の『はめられたという声もある』など、心ない発言への謝罪もなかった。」と中山知子記者は書いている。

麻生副総理は「そういう声もあるよ」と言っているわけで、麻生氏自身が「はめられた」などと言っている訳ではない。作家の百田尚樹氏はツイッターで「セクハラ発言をした次官はバカだが、一種のハニトラのようにも思える」とはっきりとツイートしている。

僕ごときの言動は世間に何の影響力もないが、このサイトで「テレビ朝日の取材記者の行為は許しがたい」とはっきりと書いているし、騒動が起きた直後に財務省にメールで僕の記事のURLを送って、こういう声もあるということを伝えた。

取材者としてのテレビ朝日女性記者を、僕は許せない

つまり、そうした声は国民の間には確実に存在しているのである。そのような事実を伝えることを「心ない発言」で、「謝罪」すべきとすることに合理性はないと思う。逆に問いたいが、中山知子記者は、国民の間にそういう声があることを、副総理として国民に知らせてはいけないと考えているのであろうか。もし、そうであれば様々な角度から物事を観察して伝えるべきメディアの姿勢としてどうなのかと、僕は疑問に思う。

当該記事であれば「麻生氏の『はめられたという声もある』などの発言への謝罪はなかった。」と淡々と伝えるのがメディアの務めであろう。「心ない」と感じるかどうかは読者が評価すべき事であり、客観的であるべき記者が事実の伝達に自身の評価を交えることに躊躇がなかったとしたら、記者なんて辞めた方がいい。

そもそも勝手に録音して出版社に持ち込んだ記者のモラルのなさ、名誉毀損罪の構成要件に該当するのではないか、違法性阻却事由と外務省機密漏洩事件の最高裁の判旨との関係という部分について何の見識も、問題意識も持っていないとしたら、取材現場に臨む記者としての資質に問題があると、僕は思う。

スポーツ新聞の記事のレベルはこんなものと言うしかないが、その言葉は僕自身に跳ね返ってくるわけで、何ともやりきれない気分である。