浜田雅功さんのブラックフェイスが問題になっている。2017年12月31日放映の「ガキの使い!大晦日年越しSP絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!」(日本テレビ系)で、ダウンタウンの浜田さんが、エディー・マーフィーさんに扮して、顔を黒くメークしたことで批判と、それに対する反論がネット上を賑わせている。

ブラックフェイスは日本と米国では意味が異なると思うのだが・・

批判派の代表が日本で教師をしているというバイエ・マクニールさんでハフィントンポスト日本版に「表面だけを見られて、人間性を否定されているような気分になります」「『彼らは子供で、わかっていないだけ。だから我慢しなきゃ』とも思う」と話している。

これに対する反論としてはタレントのフィフィさんが「意図によっては批判されるだろうけど、黒人に扮しただけで差別って? そう指摘する人たちこそ、優劣をつけて人種を見てる気がする」とツイッターでつぶやいた。

結論から言えば、フィフィさんが言うのが正解じゃないか。大事なのはフィフィさんの「意図によっては批判されるだろうけど」の部分。どういう意図でブラックフェイスをしたのかという流れが、最も重要だと思う。浜田さんが米国の有名なコメディアンに扮したのは、「お前の肌は黒い」とエディー・マーフィーさんや、同じ肌の色の人を嘲る目的は皆無であろう。その人の特徴を強調して真似て笑いを取るのは、日本に限らずどこの国でもある芸。それをやってはいけないというのであればモノマネタレントのコロッケさんは今日にも廃業しなければならない。

結局、ブラックフェイスが米国等で演じられなくなったのは、それらがアフリカンアメリカン系に対する侮蔑の意味が込められていると判断されたからだろう。過去の歴史も含めての、多くの国民の合意が形成されたということだと思う。それはそれで何の問題もない。渡辺直美さんがビヨンセさんの真似をする時に特別なメークをしなかったのは、そうした事情があるのかもしれない。

しかし、ここは日本である。日本においてアフリカンアメリカンを差別し、苦痛を与えた歴史などない。当然、浜田さんのブラックフェイスを見て、侮蔑する意図を感じる視聴者など皆無であろう。それどころか、コメディアンとしての浜田さんが、エディー・マーフィーさんへの敬意や憧れを抱いていることを感じる人が少なくないと思う。

そうしたバックボーンの違いを無視して、一律にその外形だけをとらえて批判し、表現行為を制限するようなことは大げさに言えば表現の自由に対する挑戦である。米国の独自の価値観が他国に無条件で押し付けられることがあってはならない。その価値観が「人種差別は許されない」という普遍的な価値観であれば問題ないが、今回はそれには該当しないと僕は思う。

ここでマクニールさんの言葉の一部をもう一度読み返してほしい。

「『彼らは子供で、わかっていないだけ。だから我慢しなきゃ』とも思う」

僕には、この発言は「米国では当たり前のことが日本では無視されている。日本は遅れた国なんだから仕方ない、我慢してやるか」というニュアンスに聞こえなくもない。マクニールさん自身が、日本や日本社会、あるいは日本国民に対して差別的、今風に言えば「思い切り上から来てる」ように聞こえるが、いかがだろうか。

1月6日、日本テレビは、問題となった番組の未公開部分を含め、あらためて特番で放映。問題のブラックフェイスのシーンも放送された。それが「答」である。