ウーマンラッシュアワーの村本大輔氏が「朝生」で爆発したようである。僕は一部の芸能人が政治的発言をするのは「ネタの一つだろう」と思っているから、一々、その発言内容を気にすることはない。爆笑問題の太田光氏もその類で、彼の政治的発言はまともに取り合うようなものでもないから「新ネタ披露か」と思って聞き流している。

彼は「無能な働き者」?

正直、今回「朝生」を見ておらず伝えられる範囲(You Tubeでさわりだけ見聞きしたのを含め)でしか分からないが、村本氏の場合もネタの一つであろう。憲法改正と自衛隊の問題で「憲法9条2項を読んでません」という趣旨のことを言ったそうだが、その段階でネタだと思う(笑)。

しかし、僕は村本氏が果たした役割を評価している。彼は「非武装中立が理想」「なぜ攻撃されるんですか? なぜ中国とか北朝鮮が日本を攻撃するという発想になるのかわからない」「(尖閣諸島を)僕は取られてもいいです。明け渡します」と発言したそうだが、日本の中にはこうした考えを持つ人々が存在する。現実に非武装中立は日本社会党(現社民党)が一時期主張していたし、鳥越俊太郎氏は「日本にどこの国が攻めてくるんですか、そんなの虚構です」とテレビ番組(2014年NHKの終戦特番)で堂々と主張していた。

そうしたよく言われる「お花畑」を主張する人たちの論拠の脆弱さを、村本氏の一連の発言を聞いた一般の視聴者が認識した可能性はある。今までお花畑に何となく好意的だった人が「だめだ、こりゃ」と思ってくれれば、それはそれで価値がある。つまり「かつての社会党も、鳥越俊太郎も村本大輔と同じじゃん(笑)」と気づいてくれるかもしれない。そうであれば、村本氏が果たした役割は極めて大きい。真性お花畑住民にとって、村本氏はまさに「無能な働き者」であって「頼むから黙っててくれ」と思う存在に違いない。

村本氏自身、ツイッターで「テレビで無知晒してバカ晒してまわりにブチ切れられて誰かが学べばいいんじゃない?自ら賢いなんか一言も言ってないおれを呼ぶってのはそういう番組だってこと。その理由に終わりで田原さんが最高だった、ってわざわざ声かけて来てくれた」(原文ママ) と言っているが、まさにそういうことである。本人もかなり自覚している(笑)。

これからも彼には出演してほしい。偉い学者さんたちに議論でボコボコにされて「今日はこれぐらいにしといたるわ」的なギャグで締めれば、なお良し。